課程・学科構成
  看護第1学科
  看護第2学科
  准看護学科

看護第2学科

カリキュラム
 准看護学科で習得した基礎的能力の上に幅広い専門的な知識、技術、態度を追求できるカリキュラムを設定しています。
 哲学  心理学  論理学
 情報科学  英語  社会学
 人間関係論  スポーツ健康科学
 解剖生理学T  解剖生理学U  栄養学
 生化学  薬理学  微生物学
 病理学総論  病理学各論T〜W  リハビリテーション
 公衆衛生学  関係法規  社会福祉
 保健医療論

(専門分野T、U)
T
看護学概論 基礎看護技術T 基礎看護技術U〜X
U
成人看護学総論 成人看護学援助論T〜V
老年看護学総論 老年看護学援助論T 老年看護学援助論U
小児看護学総論 小児看護学援助論T 小児看護学援助論U
母性看護学総論 母性看護学援助論T 母性看護学援助論U
精神看護学総論 精神看護学援助論T 精神看護学援助論U
 在宅看護概論  在宅看護援助論T  在宅看護援助論U
 看護管理  災害看護  看護研究
 看護総合演習
 基礎看護学実習
 成人看護学実習  老年看護学実習  小児看護学実習
 母性看護学実習  精神看護学実習
 在宅看護論実習  統合実習


カリキュラム、講座の特色
 基礎分野では、専門基礎科目及び専門科目の学習の基礎となると共に、人間性に根ざした倫理的判断能力を身につけ、感性を磨き、自己及び他者を理解し、よりよい人間関係を築く能力を養います。

 専門基礎分野では人体を系統だてて理解し、健康、疾病に関する観察力、判断力を強化できる内容としています。
 人体の構造と機能、疾病の成り立ち、回復の促進をより深く理解できるように、解剖生理学、病理学、薬理学、栄養学、微生物学等に力を入れています。

 専門分野では各看護学に共通の基礎的理論や基礎的技術を学びます。同時に看護の対象および目的の理解、健康の保持増進および疾病、障害を有する人々に対する看護の方法を学ぶ内容です。人間のあらゆる健康レベルが理解でき、看護上の問題を解決するため、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を高めます。2年次、3年次に実施している臨地実習は、専門分野別で対象を深くとらえ、人間愛、人間尊重に基づく看護を目指しています。


在校生の声
辻野 紘子 (第25期生) 
 この学校の魅力は、緑が多く自然に囲まれた環境の中で学べるところです。入学式の満開の桜は感激でした。

 仕事と学校の両立で忙しい日々の中でも、登校すると季節を感じ、自然に癒されます。
 笑いの絶えない明るいクラスで、様々な経験を積んだクラスメイトと頼れる先生方に見守られながら、楽しい学校生活を送っています。
 専門知識の勉強、レポートなど大変なこともありますが、毎日とても充実しています。

 残りの学校生活も、仲間と一緒に看護師としての豊かな人間性を養い、成長していきたいと思っています。